読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愚者ログ☆

とある愚か者のログ

ススキノで一番美味しい蕎麦!

年が明け、軽く風邪を引く(笑)

体調は3日後にはほぼ回復、その3日目にススキノへ繰り出しました。

いや、これはあくまで風邪を治癒させるためのお酒ですからね。治療の一環です。

とはいえ病み上がりですから、身体に優しくさっぱりしたお食事を提供する店じゃないとね。

f:id:dental-lab:20170117160303j:image

「なかなか美味い料理を出す蕎麦屋があるから是非行こう」と昨年から相棒に誘われていたのが頭に浮かんだ。

まさに今の俺にぴったりな店じゃない。

 

<蕎麦とわいん関>

店内はカウンター数席・テーブル席×3と小さいが、いまどきの店らしい小綺麗なダイニンバーのような内装だ。

店名にもあるようにワインを提供するようで、ソムリエもいる。蕎麦とワインの相性はともかくとして、美味いワインには期待できそうb

まずはビールで乾杯したけど(笑)

 

 

この時オーダーしたのは、

・板わさ

・燻製枝豆

・焼き鳥

☆だし巻き玉子

☆鴨そば

 

全部美味しかったのだけど、☆は特に美味。

だし巻きは焼き加減が良く、ふわふわな仕上がり。箸を通せば出汁がジュワッと溢れ、その出汁は濃厚で口の中を幸せにしてくれる。

久々にまともなだし巻き玉子を食べられた!

そして鴨そば。

何と言ってもつゆと鴨肉が美味い!

特に鴨肉は珍しいもも肉を使用しており、とてもしっかりした味と歯ごたえで食べ応え満点。

その肉を入れて作ったであろつゆは、肉汁をたんまり吸っており絶品となっている(*´ω`*)

暫く通い詰めそうだわい。

 

あと、ワインも美味しかった。

重めの赤をグラスでいただき、おかわりしまくったw次はボトルだな!

TPPって何? →強力な内政干渉を実現するスキームだった。

f:id:dental-lab:20161218131309j:plain

なぜトランプが大統領就任前にTPPから離脱すると宣言したのか?

まぁ今更批准されることは無いであろうTPPだが、この中身を知れば知る程とてつもない強力な内政干渉スキームである事が分かった。

そりゃまともな神経してればこんな超国家的スキームなんて受け入れられないわな。

 

■ 表向きのTPP概要(抜粋)

TPPとは?TPPのメリット・デメリットをわかりやすく解説 - 【とはサーチ】

<主なメリット>

  • 関税の撤廃により肉・野菜・果物・乳製品などの輸入食品が安くなる。
  • 関税の引き下げにより貿易の自由化が進み日本製品の輸出額が増大する。
  • 整備・貿易障壁の撤廃により、大手製造業企業にとっては企業内貿易が効率化し、利益が増える。
  • 鎖国状態から脱しグローバル化を加速させることにより、GDPが10年間で2.7兆円増加すると見積もられている。

<主なデメリット>

 

表向きは何となく貿易に関する規制緩和の取り決めがなされ、利益を得られる分野もあればそうでもない不利な分野も出てくるイメージだった。そんな人がほとんどじゃないかな。

貿易の代表的な分野として自動車・食料・畜産・サービスがすぐに思いつく。

各国は自国の強い部分・弱い部分に規制や関税をかけて外国との貿易をしている。これは当たり前のことである。

この中でも特に食料関係は国の安全保証に係る重要分野なのは言うまでもない。

 

もし上記のメリットにより安価な肉・野菜・乳製品が入ってくると一般消費者は嬉しいかもしれないが、安いということはどういう事なのかを考えて欲しい。

安価に物が提供できるという事は、大量に「物」を仕入れることができるグローバル大手資本(穀物メジャー等)にしか出来ない芸当だ。

しかし、穀物メジャーが提供する遺伝子組み換え野菜なんて日本人は食べたがらない。

商品に表記してあれば、まず別の商品を買う。

しかしTPPを利用すれば、この表記をさせないようにする事も可能になる。

 

なぜTPPで国内の規制を撤廃させることが出来るのか?

何故自国で決めている規則をTPPのために変えなければならないのか?

明らかな内政干渉であり、しかも消費者に不利になる二重苦であるにも係らずだ。

TPPの枠組みには「規制整合性小委員会」という組織が設置されることになるのだが、これがとんでもない権力を持つことになる。

ここで決定された規制緩和の要求は断る事はできない。

なぜなら「規制整合性小委員会」からの要求は自国の憲法や法律と同じレベルとTPPで定められているからである。

とんでもない権力と表現したのはこのためだ。

TPPはこれほど強力な枠組みなのだが、一般国民の9割以上は知らない。

関税の撤廃や税率を何%に留めるとか、そんなのは些末な目くらましなのだ。

 

最近全農を農業分野における既得権益の悪の組織のようにニュースは取り上げていたが、事実は全く違う。

確かに農家から高額で買取するわけではないが、一定の値で全農が買い取ってくれる安心があるから農家や酪農家が継続出来るのである。

食料というものは自国で自給自足出来る事が国として当然である。

外国に胃袋を握られていることがどんなに恐ろしい事なのか、日本人は鈍感過ぎる。

安定した供給があるから毎日米や野菜が食べられるのであって、この当たり前が損なわれた時、必ずパニックに陥る。

…20年ほど前だったかな。

米が不作でタイ米など輸入米を食べざるを得ない事があったが、その時だってかなりの騒ぎようで、みんな不安に思っていたものだ。

何でもかんでも市場原理を当てはめれば良いというのは傲慢以外の何者でもない。

市場は万能ではない。そもそも市場の源泉とは何か?

人がいなければ市場もないことが何故分からないのだろうか。

人が継続して活動するには食料が絶対に必要だというのに。

 

ホリエモンが食料なんて外国でいくらでも安価に生産出来るのだから、輸入すれば良いだけと大変馬鹿な事を言っていた。ではその国が不作に見舞われて輸出分が確保出来なくなったら?近隣諸国と紛争状態になったら?自国より外国を優先するはずが無いのは明白ではないか。

ホリエモン地球市民最高と言ってるお花畑さんたちと一緒だ。

人間は神じゃないから争いや差別は絶対に無くならない。非現実的な意見ここに極わまるという感じ。

 

だからこそ自給率は非常に重要であり、現在の日本の豊かさを継続する基盤となるのが農業と酪農なのだ。これは国がしっかり保護しなければならない。

しかしながら全農を株式会社化した。

これは資金力があれば買収出来るという事である。

現在は規制があるので外国資本は買収出来ないが、TPPを利用すればこの規制を取り払う事が可能となる。

 

もし全農が外国企業に買収されれば、農家や酪農家は瞬く間に価格競争の鉄火場に放り込まれる。間違いなく小さい規模の農家・酪農家から潰れていく。

そして品質はそこそこの大量生産・効率重視になる。

これにより生産者は減少する。

さらにこの穀物メジャーなりのグローバル企業が日本で生産を止めるとなった時、目も当てられない。正に国の弱体化に直結する。

 

トランプがTPPからすぐさま離脱したのは、一番力を持つはずのアメリカがTPPを通じて他国から内政干渉されることが分かっていたからに他ならない。

アメリカファーストと言っていたことに嘘はないようだ。

かたや日本はまだトランプを口説いてTPPを批准しようとしている…。

日本には何か狙いがあるのだろうか?

 

TPPとは内政干渉の強力な枠組みであり、超グローバル企業がより儲かるための恐ろしい仕組みでしかないのである。

 

グローバリズムを推進してきたアメリカもトランプを選んだ。

これは明らかにグローバル疲れに他ならない。

アメリカ民主党TPPに参加しようとしていたが、こんなことではたして労働者階級の味方と言えるだろうか?前述したようにTPP資本力がある企業がより儲かるスキームでしかないからである。

そして日本はどこを目指しているのだろうか?

少しの段差か深い谷か

f:id:dental-lab:20161205163701j:image

トランプ上げの勢いが少し弱まってきたが、読みの鋭い方から「株価は来年ほぼ右肩上がりだろう」との話があった。

株は波を描きながら上下するものだが、長い上げ相場ならどこで買っても我慢すれば必ず値上がりするから楽だ。

買値からすぐ下落しても2-3ヶ月もあれば元に戻るだろうから、デイトレで毎日利確を狙わない限り素人でも勝てる。

 

だが俺は宵越しの金は持たねぇ!

ってワケじゃないけど、プラスになった時点で即売買するスタイルなので、ほぼデイトレに近い形で相場と戯れている。

 

よくある「もうちょと…」という欲を出すと必ず後悔する場面が来る。例えば利益が出ているのに、あと○○円上がったら売り抜けよう!なんてことをすると、そっからどんどん下がって挙句マイナスに突入するとかね。

 

こういうバカを何度か繰り返し辿り着いたのが、利益出たら利益幅に拘らず即売買して金をしっかり残す!というやり方。

後悔や未練を残すよりも金を残そうよ!ってことね。これ大事よ?(笑)

良作発見!

f:id:dental-lab:20161204235944j:image

うん、絵も良いしテンポも軽快。

内容は王道だけどキャラが生きてて面白いb

アニメ化は間違いないでしょう。

3巻まとめ買い〜〜

 

あとは友人から名刺とホムペを頼まれそうな気がするのがね。対応したいけど忙しくて難しいため、心苦しいところ。

お小遣い稼ぎにはすごく良いのだけれども、半端なものや、時間がかかり過ぎては申し訳ないんだよな。

 

星野、目をつぶって。

オススメ٩( 'ω' )و

鴨蕎麦ウマッ!

里塚にある手打ち蕎麦屋さん「まる貴」。

ここは田舎そばと二八そば二種を相盛りで頂けるのが魅力。

そして一番のオススメが鴨つけ蕎麦。

熱々のつけ汁がマジウマの一品で、食べ終わった後は濃い蕎麦湯で割って全部美味しく飲み干すのは当たり前。

鴨も美味いし札幌でも指折りの名店なのは間違いないね(●´ω`●)

f:id:dental-lab:20161123160642j:image

CO.tone[コトン]札幌食べ歩きのお供になるかな?

f:id:dental-lab:20161114144815j:image

コンビニで発見。

O.toneのちっさい版で、ここ最近掲載された店がまとめられていたのでつい購入。

こういう本買っても実際行く店なんて1〜2軒なのだが、何故か買ってしまう(苦笑)

いやしいのは隠せないな。

実際本当に美味しいお店は金かけて雑誌掲載はしないから、期待せずに立ち寄るのが良い。これは経験則。話のネタになってくれればそれで良いのだ。

どれから行こうな?

まずは日本酒が旨いという店から行ってみよかね。

トランプ爆誕☆

f:id:dental-lab:20161110132725j:image

なんだかマスコミから嫌われてるトランプさんだけど、俺は好きだな。

だってまともな事を沢山言ってるんだもの。

アメリカのテレビ・新聞の殆んどがトランプのネガティヴキャンペーンを行っていて、人種差別主義者・排外主義者といったレッテル貼りに躍起になっていたのは周知の事と思う。

これはそのまま世界中に発信され、トランプのイメージは「なんだかトンデモないオジさん」になっていた。だからヒラリーのほうがまだマシという空気が醸成され、世界中がヒラリーが勝つと予想していたんじゃないかな。

けれども結果は思った以上の差を付けトランプの勝利。如何にマスコミが世論を誘導しようとも、アメリカ国民がトランプを大統領に選んだ事実は示唆に富んでいる。

 

まず、マスコミはいよいよ影響力を失い、馬鹿にしていた大衆から信用を失っているということ。

日本もそうだが、現在のテレビや新聞は特定の団体や勢力のために偏向報道を繰り返し、事実に即した公正なジャーナリズムなどとっくに死んでいる。

今はネットで報道の偏向やウソはすぐにバレる時代だというのに、未だに昔と同じ嘘・捏造を繰り返しては誘導に失敗している。

自ら墓穴をせっせと掘っているそんなマスコミは本当に救い難く、そのままお墓に直行して頂きたい。

 

もう一つは人権や博愛への嫌気。

トランプはアメリカン・ファーストを掲げ、国内及び国民生活を第一にし、外国にあまり干渉しない方針。これは国民を大事にしますよ、国民のためにお金を使いますよと言ってるだけ。

まともな納税者なら、不法移民に税金を使われた上に、生命や財産を奪われる危険性まで出てくるとなれば、そりゃ不法移民は出て行け!となる。

アメリカ国民はこう言う馬鹿げた事実に怒っているのだ。

もちろん人権や弱者救済は必要だが、現状拡大解釈され過ぎて逆らえない万能の印籠のようになっているんじゃないか?

アメリカ国民はまさにそれにNoを突き付けた。このような民族回帰は世界的な潮流になると思うし、欧州ではもう既になっている。

国が富む為にも正規の手続きをした移民の受け入れは良いが、不法移民はダメだ。

 

最後は当たり前への回帰。

米国の撤退または減少など間違いなく何らかの影響が出るはずで、そうなれば自ずと自衛隊から軍隊への強化は必須になる。なんせ中韓は日本が欲しくてたまらない。国内のガス抜きには、日本を攻撃することが一石二鳥の手段なのは過去を見ても明らか。

特に中国は危険だ。

一刻も早い改憲で軍隊の保持と核武装を実現しないと、本当にマズい。

もし中国が対話出来て約束を守る国だと思っているとしたら、それはお花畑としか言いようがない。奴らは平気で嘘を付くし、騙された方が悪いという民族性だからね。

国民とその財産を守るために武力を自国で賄うのは常識。当たり前すぎて言うのも恥ずかしくてバカバカしいくらいだ。だがそんな馬鹿げたことすら日本は出来ていない。しかしこの軍隊を持つという当たり前を実現する絶好の機会が訪れている。日本がようやく普通の国になれるチャンスなんだ。

 

トランプは確かに読めない部分が多いが、逆にそれは日本がようやく普通の国家になれるまたとないチャンスだと俺は感じている。

今回の大統領選は史上最低のトップを決めるものだとか言われているようだが、世界的な潮流が変わる転換点かもしれない。

 いずれにしても、しばらくトランプ大統領の言動からは目が離せないな!